利用者の体験談

pairsで出会った美人アパレル店員と付き合うまでの体験談

投稿日:

私がマッチングサイトPairsで出会った、美人アパレル店員との付き合うまでの体験談です。

 

当時、友人が独立するというので、彼の仕事をサポートするために地元愛知県に戻っていました。

 

独立したばかりだったのですが、幸運なことに仕事には恵まれていたため、毎晩夜遅くまで一生懸命働いていました。

 

当然女性と出会うための時間がなかったので、彼女もいませんでした。

 

仕事がある程度落ち着いてきた時に、ふとかつて使ったことがあったマッチングサイトのPairsを使ってみようかと思い、久しぶりに登録しました。

Facebookに登録していれば簡単に登録できるため、手間はほとんどかかりません。

また、他の出会い系などのサイトと比べてPairsの優れている点は、Pairs内ではFacebook上の友達が表示されない仕組みとなっている所です。

つまり、Pairsを使っているということが友人にバレることがないということです。

地元のような狭い世間だと、このようなシステムがない場合、すぐに友人の女性から見つかってしまう危険性があります。

 

友人に見つからない安心感があるのは非常に大きなメリットです。

プロフィールなどの必要項目を一通り入力したところで、女の子を探すことにしました。

以前使っていた時は、東京都内で使っていたため、表示される女の子の数も非常に多く、好みのタイプの子が必ず見つかったのですが、愛知県はどうなんだろう?と考えながら、検索してみました。

 

やはりというか、当然というか東京に比べるとかなり人数は少ない印象です。

それでも、表示される女の子をスクロールしていくと、思った以上にかわいい子はいました。

 

その中で、私が特に気になったのが、アパレル店員をしているれなでした。

れなは、昔一時期流行った中ノ森BANDのAYAKOに似た美人さんで、プロフィールを見ると、歳は私の2つ上の32歳、趣味はランニングや美味しいものを食べること、三人姉妹の長女ということでした。

 

とにかく顔が好みの女性だったので、早速「いいね」を送り、返事を待つことにしました。

すぐに返事は来なかったのですが、その日の夜遅くに「いいね」が返ってきました。

 

メッセージ交換のスタートです。

 

プロフィールを再度確認した上で、自己紹介をしながら、お仕事お疲れ様ですというようなメッセージを送りました。

すぐに返事があり、「れなです。今まで仕事でした~!お疲れ様です。」という自己紹介と共に、こちらのメッセージへの返事をくれました。

そこからは、さりげなく毎日の生活スタイルや好きな食べ物、ランニング意外の趣味等を聞き出していきました。

 

数日間メッセージのやり取りを続けたあとに、おそらくれなは良い人だとわかってきたので、LINEの交換を提案してみました。

 

すると、「まだちょっと不安だから、実際に会った時にでも良い?」と聞かれたので、「では会いましょう!」速攻のレスポンスを返しました。

 

そのまま上手く会う約束まで取り付けたので、結果オーライです。

 

次の日曜日に、れなの仕事終わりの時間に待ち合わせて、名古屋の栄で一緒にご飯を食べることにしました。

当日栄の地下街にあるクリスタル広場で待っていると、「白いシャツにグレーのカーディガンを羽織ってます。下はジーンズです。」というメッセージが届きました。

 

辺りを見回してみると、それらしい恰好をした子が一人いました。

顔もおそらくれな。

違ったらどうしよう…と思いながら、恐るおそる「すみません、れなさんですか?」と声をかけてみると、「れなです。」と返事をしてくれました

。Pairsの写真で見ていたのとは違う髪型で、ロングの髪をアップしてアレンジしていました。

いずれにせよ、間違いなく美人さんでした。

 

合流できたところで、れなが仕事終わりによく行っているという、九州料理の居酒屋さんに行くことにしました。

 

「お酒強いの~?」なんていう話をしながら、一緒に歩いていくと、すぐにお店に到着しました。

 

店内に入ると、広い店内は全て板間となっており、日本的な雰囲気のある良さそうなお店でした。

 

早速料理とビールを頼み、乾杯したところで、改めてお互いに自己紹介をしました。

 

れなは元々は福岡出身で小学校の頃に愛知県に引っ越してきたそうで、ぱっちりとした二重は確かに福岡っぽいイメージでした。

 

しばらく彼氏がいないので、思い切ってPairsに登録したようで、Pairsを通して会うのも初めてと言われ、緊張しているのがよくわかりました。

 

ビールを飲み、焼酎を飲んでいると次第に程よく酔っぱらってきたのか、れなの顔がほのかに紅潮し、あまりのかわいさに思わず見とれてしまいました。

お酒も進み、仕事の話やプライベートの話などを深く話していくうちに、あっという間に終電の時間が来てしまいました。

 

別れ際にLINEを交換し、その日はさよならしました。

 

帰り際、今日のお礼とあわせて、気を付けて帰りなよ~とLINEするとすぐに返事があり、「また会いたいな」と言われました。

結局、その次に会う時は、れなに手料理を食べさせてもらうためにれなの家に行き、その日のうちに付き合うことになりました。

 

Pairsでれなに出会うまでにかかった費用は初回の3000円程度だったので、1回合コンに行くよりも安い費用で好みの美人な女性に出会えたということになります。

-利用者の体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.