利用者の体験談

出会い系でバツイチ看護師と濃厚セックスした体験談!!

投稿日:

出会い系で知り合ったけど、
遠距離で会えないってことありますよね?

俺の経験だと相手がヤリマンだとすぐにヤれるという
ことを俺の経験が物語っている。

今から、あったことは実際の経験を書いているものだ。

出会い系で知り合って仲良くなった女。
どうやら、離婚直後らしい。
千葉県に住んでいてバツ1の看護婦だ。
看護婦は美人が多いから、何かと期待してしまう。
ちなみに名前は、美雪。
ちなみに俺はというと既婚のサラリーマン。

寂しいっていうから、相手してたら、
住所や電話番号まで簡単に知ることができた。

携帯が一緒のソフトバンクということもあって、
暇なときには、長い時間電話で話していた。
結構頻繁にやりとりしてたかな。

そして、お互い出身地も違う。
相手は、千葉の茂原、俺は、東北の田舎。
まあ、会うこともないだろう。

しかし、向こうは結構気があるようだ。
既婚者の俺に気を遣って、会いたい気持ちを抑えている。
といっていた。

これは、ヤれるかもしれない。
一押ししてみようと思った。

相手の返答は、「一度だけ会ったら後は会わないで忘れる」
と言ってきた。

これは、ヤれると思った。
一度だけ会うってことは、相手も期待していると考えていいだろう。
そう思った瞬間、俺の性欲が高まってきたのを感じた。

そして、実際会えることになった。
あのは、1月9日になった。
美雪は、東京駅まで行き
新幹線に乗り換えて那須塩原駅に午前9時40分くらいに着いたらしい。

途中に、「いま小山だよ」とか「早く会いたいなー」
とLINEで言ってきた。
相当俺に会いたいんだろう。

金を払うでもなく、援交でもなくヤらせてくれる女が
いることに驚きを隠せなかった。

俺と、ヤって「一度だけ会って忘れる」
なんてできるわけがない。
そんなことしたら、ますます忘れられなくなるだろう。

むしろ向こうもやって忘れられなくしたいんじゃないかという
妄想に浸っていた。

会う際の目印を聞いたら、
「モコモコが付いたブーツ」と美雪が言っていた。

そして何と、お土産の落花生まで持ってきたのだ。
これは、俺によっぽど惹かれているな。

笑いを交えてこんな会話もした。
俺「実物の美雪ちゃんっていい女だね」
美雪「当たり前じゃないww」
これで距離は縮まったに違いない。

そこから、レンタカーを借りてホテル那須物語に行った。
「最初にホテル行くけどいい?」と聞いたら
「はい。」と恥ずかしそうに答えた。

向こうがヤル目的だなということを
ここで確信した。

そして、ホテルに着いた。
子どの頃の話や美雪の両親の話、友達の話を
ベッドでイチャイチャしながら話した。

流れで、一緒にお風呂に入った。
裸になっても特に恥ずかしがることもなかった。
実は、こういうことになれている女じゃないか?
と思った。

ベッドに入って、お互いの身体を触り合った。
そのときに美雪のあそこはすでにぐちょぐちょだった。
俺と相当やりたかったんだなと思った。

休憩して2回戦開始
美雪もかなり感じて、イクまでの時間を二人で
楽しんだ。
美雪も満足した様子だった。
どうやら、まんざらでもないようだ。
しかも嬉しいことに2回とも中出し。

そして、帰りはチーズ入りのお菓子を買って食べた。
そこから、那須~那須塩原市~西那須塩をドライブして
帰った。
そのときには、俺もなんだかすごく楽しくなっていた。

ここまでわざわざ来てくれる女もそうそういない。
そう考えるとこの女は、貴重だと思った。

帰りに、また会おうっていってみた。
もう会えないって言われたけど、連絡したら結局はOK
だったようだ。
そのまま連絡を取り続ける関係に戻った。

そのあと、美雪にも彼氏ができたようだ。
しかし、俺との繋がりが切れることもなかった。

彼氏にしたら、自分以外の男と連絡を取っている
なんて想像もしないだろう。

それでも俺と繋がっていたいなんて相当俺が好きなんだな。

そんな女と付き合う彼氏に同情するしかなかった。

-利用者の体験談
-,

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.