利用者の体験談

夫と子どもがいるのに出会い系で男漁りをしている人妻と遊んでセフレにしたったwww

投稿日:

何とも簡単な書込みを「イククル」で見つけました。
「◯◯近郊で」というタイトルで、「今から遊べませんか?」という書込み。
俺は◯◯の隣町に住んでいたので、早速メールを送ってみました。
「はじめまして、ミキさん。隣町の××に住んでいる△△といいます。俺も今暇してるんで、遊びに行きませんか? いきなり会うのに抵抗あるなら、メル友からでもOKです!! よろしくお願いします」
返事はすぐに届きました。
「メールありがとうございます。私も暇してるんで、良かったら遊びに連れて行ってくれますか?」
ちょっと驚きました。
普通は何回かメールの交換をして、会う約束をするものです。
それが今回は、女性である彼女からのいきなりのお誘いだったんですから。
早速返信しました。
「じゃあ、今から家を出ますね。待ち合わせは◯◯駅で大丈夫ですか? 何時頃が都合いいですか?」
ミキさんから返信がありました。
「今から子どもを親に預けてくるので、14時でいいですか?」
正直、子ども預けてまで遊びたい不良主婦かよ!!と思いました。
でも、僕的にはヤレたら問題ない訳で(笑)
早速◯◯駅に向かい、駐車場に車を停めたところで、大変な事に気付きました。
待ち合わせ場所を決めてなかった!!
すぐにミキさんにメール。
「僕は茶色のTシャツにGパンです。ミキさんの服装も教えてもらえますか?」
返事が来ない…
30分待ったところ、やっと返信がありました。
「ゴメンなさい、今着きました。私は、ピンクのタンクトップにGパンです。オレンジのバッグ持ってて、公衆電話の近くにいます」
早速、公衆電話の近くを見渡すと…
いた、ミキさんだ!!
小柄で可愛らしいというか、若々しい女性です。
メール通りオレンジのバッグを持った彼女は、携帯電話をいじっていました。
「ミキさん…ですよね」
「あ、こんにちは。はじめまして」
近くで見ると、とても可愛い女性でした。
「えっと、お茶でも△※×◯□…」
緊張しまくって、言葉にならなかった僕。
すると…
「ゴメンなさい、17時には子どもを迎えにいかないといけないので…」
て事は、ホテル直行でいいかなと勝手に推測した僕。
「どうするかは、車乗って決めしょう」
早速、駐車場へ移動しました。
車に乗ってすぐに、ミキさんに聞きました。
「ねえミキさん、すぐにホテル行ってもいい?」
「あ、え、はい…」
ラッキー!!
面倒な手間が一気に省けました。
ただミキさんが、この近くなら知り合いに見られたら困ると言うので、30分車を走らせあまり人が入りそうにない、少し山奥のホテルに行きました。
時間もあまりないので、部屋に入るとすぐにお風呂にお湯を入れ始めた僕。
お湯が溜まる間、旦那さんや子どもさんの事を聞きました。
旦那さんとはできちゃった結婚。
子どもさんは、女の子で今年2歳。
親は歩いて5分程の所に住んでいる。
旦那さんは仕事が忙しく毎日帰りが遅いので、当分相手にしてもらってない等々。
話をしているうちに、僕とミキさんとすっかり打ち解けました。
10分後、お風呂にお湯が溜まりました。
「ねえミキさん、一緒に入ろっか」
「うん、一緒に入ろ♪」
お互いの服を脱がせっこして、手を繋いで一緒にお風呂へ。
一緒に湯船に入って、まずはキス。
唇を合わせると、ミキさんから積極的に舌を絡ませてきました。
ミキさんの息が荒くなってきます。
湯船で軽くおっぱいも触ります。
目がとろ〜んとしてきた、ミキさん。
「ねえ、洗いっこしようよミキさん」
「うん♪」
湯船を一緒に出て、洗いっこ。
「あ、いやん…」
Cカップのおっぱいをボディソープで洗っていると、可愛らしい声で感じてくれたミキさん。
マンコを綺麗に洗い始めると、より感じてくれているみたいでした。
ミキさんの息が、段々荒くなってきます。
お返しにとチンコを洗ってもらいましたが、指使いがあまりに上手く、爆発しそうになりました。
ここでの爆発はさすがにヤバいので、洗いっこは止めてベッドに移動です。
横になったミキさんの首筋を、優しく舐め始めます。
「あ、ん、ああ…」
ミキさんはまた、喘ぎ始めました。
首筋を舐めただけでこうなるなんて、どうやら感じやすいみたいです。
キスをするとミキさんは、お風呂の時と同じで、積極的に舌を絡ませてきます。
激しいディープキスの後は、Cカップのおっぱいを楽しみます。
子どもに吸われたとは思えない位、張りがあって柔らかいおっぱい。
揉みながら乳首を舐めます。
「ミキさんのおっぱい、美味しい」
「いや、いいの、気持ちいいの!!」
そのまま、手を下に移動させました。
ミキさんのマンコは、もうグチョグチョ。
溢れ出てくる愛液で、もう大洪水です。
そのまま指でいじります。
「いや、いや、いや〜!!」
ミキさんは僕の背中に、爪を立ててきました。
「イク、イク、イク〜!!」
クリを少しつまんだだけで、ミキさんはイッてしまいました。
クンニする間もなく、イッてしまったらミキさん。
「ミキさん、1人でイクなんてずるいよ。今度は僕を気持ち良くして」
「うん!!」
そう言うとミキさんは、すぐに僕のチンコを咥えてくれました。
口にたくさんのヨダレを溢れさせながら、ジュボジュボ奥まで吸ってくれるミキさん。
ミキさんのフェラはとても上手く、すぐに爆発しそうになった僕。
「ミキさん、もう入れていい? 外に出すから生で入れさせて」
こくんと頷くミキさん。
正常位で入れましたが、ミキさんのマンコは子どもさんを産んだとは思えない位の締まりの良さでした。
「ねえ、今度は後ろから欲しい…」
せっかくのリクエストに、応えない訳にはいきません。
お望み通りに、後ろから突きまくりました。
「次は、私が上に乗ってあげる」
自分から僕に乗ってきました。
騎乗位になったと同時に、激しく自分から腰を動かすミキさん。
その激しい腰の動きに、今度こそ爆発寸前の僕。
「あ、ちょっと待って!!」
と、入れたまま小休憩。
その後正常位になり、2人で一緒にイキました。
だけど、人妻の溜まった性欲って凄いですね。
ミキさんとは今でも、月に数回会ってセックスをしてます。
ミキさんとの関係は、しばらく続きそうです。

-利用者の体験談
-

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.