セックステクニック

ポルチオ刺激で中イキさせる5つの体位!女の子がイキまくってヤバいwww

投稿日:

AVの中では一回のセックスで女性は何度もオーガズムに達します。
男優にフェラをしながら、オナニーして1回、正常位で挿入されて1回、体位をバックに変えて、さらに2回、そして、騎乗位になって、さらに2回というのもよくありますね。
AVの中だけではなく、リアルなベッドの上でも、女性は何度もイっているように「見えます」よね。
しかしながら、本当に中でイっている(中イキ)女性は全体のたったの3割にしか満たないという衝撃の事実があります。
すなわち、あなたが何度も「イカしている」と思っていた女性の10人のうち7人は「イっていないけど、とりあえずイった風に」していただけなのです。
これだけで多くの方の「俺はうまい」という夢がぶち壊れるのではないでしょうか。
さらに恐ろしいことがあります。
ペニスで中イキする女性の割合はたったの1割なのです。
こうなってくると、我々の股にぶら下がっているものが本当に有用なのかどうか怪しくなってきますね。
中イキできるかどうかのひとつには、当然男側のテクニックもあります。
しかし、テクニックはそんなにすぐに身につくわけでも、上達するわけでもありません。
じゃあ、もうどうしようもないのか、一生、女性の「イった風」を見続けなけばならないのかというとそうでもありません。
テクニック以外に重要な要素として、「体位」があります。
体位であれば、セックスの際に比較的いろいろと試しやすいですよね。
そこで今回は、女性が中イキしやすい体位を5つご紹介していきたいと思います。

1.騎乗位

女性が中イキしやすい体位の代表といえば、皆様ご察しの通り、「騎乗位」です。
女性が男性に跨る騎乗位は、女性がセックスをリードする数少ない体位のひとつです。
この体位の良いところは、女性が自分の好きなようにペニスの挿入角度や深さ、ピストンのタイミングを調整できることです。
まさに痒い所に手が届くならぬ、イキやすいところにペニスが届く体位といえます。
ペニスに跨って、出し入れしてもよし、前後にグラインドしてもよし、女性が自由にイキやすいように動けるりそうてきな体位です。
しかし、騎乗位であれば、絶対にイケるわけではありません。
そこは我々、男の心意気がカギを握ります。
多くの男性陣(私もそうですが)は騎乗位でもついつい、相手の腕をつかんでペニスが抜けないようにしたり、下から突き上げたりといろいろとやってしまっているかと思います。
これは絶対にNGです。
以前、女性が騎乗位で気持ちよくなっているところに、AVのような感じで、下からずんと突き上げたところ、どうやら気持ちよく動いていたリズムが狂ってしまったようで、一気にご機嫌斜めにしてしまったことがあります。
自分に跨り喘ぐ女性、ピストンするたびに上下に揺れ動くおっぱいを見ていると、ついつい熱が入ってしまいますが、そこはグッと耐えましょう。
我々男にできることは、女性が腰の動かし過ぎで疲れないように、腰にやさしく手を添えるだけです。
「ピストンでもいいし、グラインドでもいいし、いろいろ動いてみたら」と言って、女性が気持ちよいと感じる部分を自由に探してもらいましょう。
それをじっと見守ることが男の心意気です。
女性も最初のうちは、ぎこちなく、上下に動いたりと苦労しますが、慣れてきて、自分がイケるポイントを見つけることができれば、中イキできることでしょう。

2.バック(後背位)

獣のように女性を後ろから突くバックも、実は女性が中イキしやすい体位です。
バックはペニスが膣の奥深くまでずっぽりと入る体位です。
そのため、子宮口の近くのポルチオ性感帯を刺激することができるため、中イキしやすいといえます。
バックは女性の膣の位置によって、入れやすい角度や体勢が変わってきます。
前よりに膣がついている女性であれば、ベッドに顔をうずめて、おしりを高く突き上げるような体勢になってもらうと、奥までペニスが入り込みやすいです。
また、ベッドにうつぶせの女性に後ろから挿入する寝バックも実は、中イキしやすい体位です。
寝バックしたことがある人だと、イメージしやすいかと思いますが、挿入して、ピストン運動すると、女性の股全体がシーツでこすられるような感じになります。このときにクリトリスがシーツに擦れていることもあるため、クリトリスとポルチオをダブルで刺激していることになるのです。なかなかお得な体位です。
以前、「アラサーちゃん」というドラマで出ていた話だと、バックのときは、女性も大胆なイキ顔をしやすいから、気持ちが楽だとかそういうのもありましたね。

3.対面座位

男女が共に向かい合った状態で抱き締めあうようにして挿入するのが対面座位です。
ほかのどの体位よりも密着度が高い体位です。
この体位のとても良いところは、お互いにとてもリラックスできることです。
人肌の温もりを感じてつながることができるため、とても安心感があります。
騎乗位やバックでは感じづらいお互いの体温をじっくりと感じて、安心感、さらには心安らぐリラックスした気分になります。
また、大きな動きがしづらい分、女性にとっては、ペニスを膣で締め付けたり、膣の中をぐいぐいと動かしたりと、まさに精液を搾り取るような動きを女性がリードしてしやすい体位です。
男性側も乳首や首筋をなめたりと膣以外の性感帯を刺激しやい体位です。
大きく動くときには、女性側が後ろに手をついた状態になるのが良いです。
向かい合いながら、お互いがつながっている様、ペニスが愛液を引きながら、膣に出し入れされる様を見ながらのセックスになるため、女性にとっても視覚的な興奮が大きいです。

4.屈曲位(肩掛けバージョン)

屈曲位は正常位のバリエーションのひとつです。
正常位の体勢で女性の足を両方とも、男性の方に掛ける体位です。
想像してもらうとわかると思いますが、正常位の普通のM字開脚からさらに脚を肩に欠けるということで、女性の膣がかなりパックリと開きます。
しかもより密着しやすくなるため、ペニスが奥まで深く入ります。
ほかの体位と同じように奥までペニスが入ることでポルチオをしっかりと刺激できるわけです。
ただ、屈曲位には慣れが必要です。
いかんせん、正常位からさらに脚をあげるというのは、女性にとっては、結構大変な体勢です。
正常位から徐々に徐々に移行していくようにしましょう。
最初から屈曲位を目指していると、女性のほうの体がつりそうになってしまい、セックス以前の問題になってしまいます。

5.屈曲位(膝曲げバージョン)

最後も屈曲位ですが、こちらは膝曲げバージョンです。
先ほどの屈曲位は女性の足を男性の方にかけていましたが、こちらのバージョンでは、体育座りのような感じで、胸の前に持ってきます。
こちらのほうが肩掛けよりも女性にとっては楽かもしれません。
こちらも肩掛けバージョンと同様に、膣がパックリと開いて、なおかつペニスが奥まで入ります。
屈曲位だけでなく、ポルチオ目指して、深く挿入するタイプの体位については、AVのような激しいピストン運動はあまり効果的ではありません。
挿入後しばらくはじっと動かずに、ペニスが膣になじむのを待ちます。
しばらくすると、ペニス全体に膣がまとわりつくような感覚になります。
そうなったら、できるだけ膣の奥に亀頭をこすりつけるような感じのピストン運動をすると、ポルチオを集中的に責めることができます。
余談ですが、この体位は結合部分が男性側から丸見えということで女性の羞恥心をかなり煽るようで、それも中イキにプラスに働いています。
この状態で女性にクリトリスを自分でいじってもらとさらに興奮度が高まるかと思います。

まとめ

女の子が激しく中イキしやすい体位を5つご紹介させていただきました。

もちろん感じ方・イキ方には女の子一人ひとり個人差があります。

パートナーの女性がより感じる体位をまずは探してみましょう。
しかし、1回のセックスであれもこれもと試していては、落ち着きのないものとなってしまい、興ざめです。
女性がイクには時間がかかります。
まずはひとつの体位でじっくりと挿入する深さや角度を試行錯誤してみるのが良いかと思います。
ちょうどよい体位が見つかって、女性が中イキできるようになれば、他の体位をいろいろと試してみましょう。
中イキできる体位を一つ知っているだけで、いろいろ試してダメだったとしても、「いつもの体位」に戻ればイケるという安心感があります。
その安心感を持っていれば、「やっぱりいつもの体位がいいな」とか「あれ、これけっこういいかも」といった感じで、さらに深堀りできることでしょう。

-セックステクニック

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.