セフレ体験談 女性の出会い系体験談

【セフレの作り方】現役女子大生(JD)がマッチングアプリでイケメンセフレを作った体験談

投稿日:

女性でもセフレが欲しいのです!!

今は男性だけでなく女性もセックスフレンドがいます!

 

今回は現役女子大生がマッチングアプリでイケメンセフレを作った体験談を紹介しますwww

現役女子大生(JD)がマッチングアプリでイケメンセフレを作った体験談

➀まず自分のスペックの紹介

・22歳
・大学生
・大学と家とを往復する生活です。文学部なので比較的ゆるい雰囲気で大学を楽しんでいます。たまに家庭教師や塾講師のアルバイトもしています。現在、就職活動を終え無事に内定をいただき、卒論も順調。だいぶ時間があります。

 

②出会い系・マッチングアプリをしようと思ったきっかけ

・マッチングアプリをしようと思ったきっかけは、わたしと同じように就職活動を終えた大学の学部の友人と久しぶりに会って、夜カフェを楽しんでいる時でした。
彼女が、わたしたちはもう22歳で、そろそろ結婚相手、もしくは彼を見つけていないと、危険だよね…というようなことを言ったのです。
わたしは全然言っている言葉が理解できなくて、頭の中が疑問だらけでした。
確かにわたしもその友人もいま彼氏がおらず、このままおそらく彼がいないまま大学を出て社会人になるであろうことが予想できました。
でも、それが結婚できるかどうかにまで、関係あるの? と純粋にわからなくて質問すると、友達はわかりやすく逆算しながら話しをしてくれました。
彼女が話してくれたのはつまりこう言うことでした。
30歳までに子供がいてほしいとする。
となると、29歳で出産していないといけない。
ということは、28歳で妊娠している状態。
夫婦二人での生活が3年くらいほしいのであれば、25歳には結婚入籍を済ませている状態じゃないといけない。
で、結婚相手なんだから、お付き合いの期間も2年くらいはあってほしい…そう考えると、結婚相手と付き合い始める年齢は、23歳。
ねえ、わたしたち、来年、結婚相手と出会えていると思う? と彼女は質問して来ました。

当然、答えはノーでした。

わたしが4月から働く予定の職場はおじさん、おばさんばかりがいるところだし、新卒を毎年とるような大きな企業でもありません。
そして、中高女子校で過ごし、大学も男友達をほぼ作らなかったわたしは、合コンもしたことがありませんでした。社会に出てから合コンに誘われることはないだろう。となると、出会いの場はどこ…? 街コン? 結婚相談所?

ね、案外時間ないよね、と彼女の言葉にわたしはそのとき深く頷いたのでした。

そして、彼女と別れ際に、彼女が実はマッチングアプリを最近始めたよということを教えてくれたんです。
何人かと会っていると。中にはセフレになっている子もいると。
セフレ?! それでいいの?! 彼女じゃないのに! とびっくりしたのですが、彼女は、どうせ結婚するなら、なるべく色々な男性を知ってからのほうが自分に一番ぴったり合う人を見極められると思うんだよね、というのです。
彼女とはそのままそこで別れましたが、帰りの電車で一人でゆられながら、ずっと彼女の言葉を考えていました。

家に帰ってから、自分の部屋で一息つくと、わたしはさっそく良さそうなマッチングアプリをインストールしました。

真面目なお付き合いができる人を見つけるのが第一の目標。でも、そのためには、少しくらいセフレや遊びがあっても良いものとする。それもすべて、自分がこの人とであれば結婚したい! と思えるためのアンテナを鋭敏にしておくため、そう思ったんです。

結局のところ、わたしは友達である彼女が話してくれたことや考え方をそのままその通りだと思って、受け入れてしまったんです。

③なぜセフレを作ろうと思ったのか!?

上記しましたが、まずは、わたしは大学生で就職活動も終わり、卒業論文もほぼほぼ終わって時間があり、かつ彼がいない状態だったからです。
さらに、あまりもう結婚相手を選ぶために何人もとしっかりと時間を割いて付き合うということが年齢的に難しいから、同時並行でいろいろな人を知って、より自分に合った人を早く見極める…そのために色々な男性を知りたい=セフレがいても良い、という結論になりました。

 

④実際に出会い系・マッチングアプリで相手との出会いはどういう経緯と相手のプロフィール

利用したマッチングアプリはペアーズ、タップル、あとはロンリーという通話型のアプリでした。
実際セフレ関係になった男性と出会ったのは、タップルです。
わたしの趣味は読書、美術館にいくこと、旅行、などなのですが、同じ都内にある大学の院に通う男性とたまたま同じ趣味だと言うことでタップルでマッチングしました。
話してみると、年上なのもあるせいか、わたしよりも色々な経験をしているし、読書の量も多いし何より話していて知的で面白い。
すぐに会おうよ、言った誘いや、ラインの交換を求める声もなかったことも、なんだか他の人よりもすぐに信頼してしまった理由の一つです。
タップルでのプロフィール画像もわたしの好きなタイプの色白、綺麗な二重の目、メガネと三拍子揃っていたので、わたしのほうからすぐに好きになりかけの状態になってしまいました。
実際会おうよ、というふうになった流れは、メッセージで会話をしていて、お互いに読んだことのある本が映画化され、もうじき上映がはじまるよね、という話になったからでした。
トントン拍子でその映画を2人で観に行こうよ、という流れになり、会う日程が決まりました。
あう日程が決まってから、はじめてお互いラインを交換しました。
彼とは横浜駅の地下街で待ち合わせになりました。
少しだけ緊張しながら彼を待っていると、彼からの電話がありました。どこにいる? との声に、人が多いから見つけられないんだな、とすぐにわかりました。
紺色の麻のロングスカートに、白のブラウスでいるよ、と伝えると、すぐに1人の男性が手をあげました。
Tシャツにジーパンというラフな格好ですが、身長が170後半でしょうか、かなりスタイルがよく細身だったので、すごくおしゃれに見えました。
なにより、顔がプロフィール画像の写真そのままのイケメン!
写真よりも肌が真っ白で綺麗だし、メガネの奥にある目が大きく見えるくらいです。
わたし自身もあまり現実と差がない写真をプロフィール画像にのせているつもりではありましたが、彼がわたしをみてがっかりしたらどうしようと一瞬不安になりました。
でも、彼はわたしをみて嬉しそうに笑顔になってくれ、2人でいろいろな話をしながら映画館にむかいました。話し始めてしまえば、散々メッセージでのやりとりをしていたので、話自体も盛り上がり、映画館で黙っているのがもったいない、もっとおしゃべりしたいと思ってしまうほどでした。

⑤実際にセフレ関係になってみてどうだったか!?

映画の後、誘われるまま夜ご飯を一緒に食べ、お酒を結構飲み、そのままホテルに誘われました。なかばこうなることを予想していたし、わたしももう未経験というわけではなかったので、了承。
それに、こんな自分好みのかっこいい男性と一夜を過ごせるなんて、もう二度とないかもしれない、彼の彼女にはなれないかもしれないけど、それでもいいや、彼ともっと一緒にいたい、と思ってしまいました。
一回して、そのあと一緒に眠り、また朝になってからもう一度しました。
実は今も、まだ彼氏というわけではありませんが、仲の良い、体の関係もありな男の子の友達になっています。体だけ、顔だけがタイプというわけではなく、ともかく話しが合う、趣味が合う大切な人なので、今後どうなるかわかりませんが、しばらく仲良くしていきたいと思っています。彼ができてしまえば他の男性とこういうことは不可能になるわけだし、今を楽しんで、彼とも遊びつつ、他のマッチングアプリで出会った男性とも仲良くなれそうなら仲良くしていきたいと思っています。

-セフレ体験談, 女性の出会い系体験談
-, , , , , , ,

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.