セフレ体験談 女性の出会い系体験談 女性不倫体験談

カラダだけでいい、気持ちよく満たされたいだけな関係

投稿日:

私は、現在40歳医療関係で仕事をしています。
私が34歳の時に出会った彼のことをお話しします。
34歳、独身で医療関係の仕事をしていました。
当時長く付き合っていた彼氏がいました。結婚の約束もして、彼からプロポーズされて彼の両親にもご挨拶にいっていました。
私の両親にも挨拶に行かないといけないね、どんな結婚式にしようか、指輪も買わないといけないね、なんて本当にしわあせな毎日で、子供は何人がほしいとか、結婚後はどこに住もうか、幸せすぎてまさかこんなことになるなんて全く思っていませんでした。崩れ落ちるなんて思ってもいなかったです。彼氏に浮気されてしまいました。
しばらくは彼も浮気は隠していたのですが、大学の時のお付き合いをしていた、彼女と浮気され、浮気相手に子供ができてしまい、婚約は解消、修羅場になるほどの別れをしました。別れる時は相手の親からは考え直して、一緒になってほしいや、浮気相手には赤ちゃんのエコー写真を見せつけられ、早く別れてよと言われたり、彼は彼で浮気相手にはおろさせるから別れないとか、毎日が修羅場状態で、本当精神的に疲れていました。
正直男はこりごり、信用なんてもうしない、彼氏なんて作ってまた辛い思いをするのはこりごりでした。
仕事に没頭して、毎日遅くまで仕事、休みの日は引きこもりな状態でした。
出会いも正直女性としての身だしなみもほとんど捨てていました。
これは正直にやばいかなと思っていましたが、本当に精神的に疲れると人間って何もしたくないと気持ちになっていました。
だけど、性欲は満たしたいと気持ちは大きく、一人でやっても満たされない毎日に寂しさを感じていました。
けど彼氏を作ってまた浮気をされて辛い思いをするのは嫌、だけどセックスはしたい、性欲はすごくある方で、毎日でもセックスはしたいと思っていました。
カラダだけの関係でも良いからなんて思って、ふと目に止まったエキサイトフレンドに登録しました。
多くな方からメールをもらいましたが、ピンとこないでいました。
1通だけ目が止まったメールがありました。
当時の私の年齢から4つ上の38歳の会社員既婚者、子供ありな人からでした。僕は正直に言いますと結婚しています。妻とはセックスレス状態です。カラダだけじゃなくて美味しいものを食べて楽しい関係になりたいと思いメールしました。と言う内容でした。
正直に不倫なんてしたくないし、興味もなかったのですが、なんとなくメールの返事をしました。しかも、お節介にも不倫はいけないと思いますと内容を返信しました。返事は来ないだろうなと思っていましたが、彼から不倫じゃなくて友達ならどうですか?と言われ、最初は悩みましたが、友達なら良いかなと思い、メール交換を始めました。友達なら不倫じゃないし、一線越えたとしても家庭のある人だから後腐れないかなとも思っていました。
本当にたわいのない話からお互いの悩み相談などをしていました。
ある時に私が別れた彼の話をすることがあり、男はこりごり、それにもうほとんど女捨てた状態なんだと言ったら、まだまだ年齢的にも勿体無いよ、もっと外に出ようよと言われました。
男と接するリハビリ兼ねて僕とご飯でも食べに行こうよと言われて悩み悩んだけど、メール交換を1ヶ月続けていて彼に対する安心感もありました。
ご飯だけならと言う気持ちで、彼と会うことを決めました。
実際に会うことに正直ドキドキして、待ち合わせの場所に10分早く着いてしまいました。
彼から声をかけられて、初めて実際に見る彼は子煩悩なパパって感じな印象でした。すらっと背高く、笑うとくしゃっとした顔、イケメンとは言えないお顔でしたが、なんとなく安心できそうと言う感じな印象を持ちました。
居酒屋に入って、たわいのない話をして、本当にいい人って印象が多くて、話していても楽しくて、時間が経つのも忘れていました。
気づいたら終電間際になっていましたが、もっと話していたいなんて思ってしまい、私まだ帰りたくないなってボソッと言ったら、もう一軒行く?それでもホテル行く?なんて笑いながら聞くから、思わず、ホテル行くって答えていました。
じゃ行こうかなんて言われてホテルに行きました。
最初はホテルの中に入っても、話をしたり、お酒を飲んだりしていましたが、ふざけあっているうちにベッドに倒れこんでしまいました。
その後は彼のペースでした。本当優しい手つきと、私の性感帯を知っているのか何度も気持ちよくされて、セックスってこんなに気持ちいいもの?と思うほど体の相性が良いのか、本当満たされていました。
一晩限りなの?と聞いたら、違うよと言われ、その日からセフレ状態な不倫をしてしまいました。
私のうちに仕事帰りに寄ってセックスして家に帰る、日曜日や休みの日は会うことは全くなかったけど、私が休みの日は営業に回るふりしてホテルに行ったりもしました。セックスしたいとメールをすれば、会ってセックスをする。相手からセックスしたいといえばセックスをする。
本当にカラダだけを満たしてくれる関係でしたが、寂しいと言う気持ちはなかったです。
セックスをしているときは全力で私だけを愛してくれて、そしてセックスも体の相性も抜群な関係でした。
ローションプレイやソフトSM、やった事のないセックスを彼とはすんなりすることができました。
セフレな状態だから出来ることもあり、セックスする相手ということもあり、もっと気持ちよくしてや、ここがいいとかも素直にいうことができていまし、彼にどうしたら気持ちいいのかも聞くこともできました。
そんな関係も5ヶ月続いていましたが、彼が仕事で転勤になってしまったことで関係は終了しました。
時々メールが来ていましたが、自然とメールも無くなりました。
正直セフレという関係は、後腐れなくて、やりたい時にお互いに連絡を取り、カラダを満たしてくれるという関係で、当時の私には遊べたら良いやなんて気持ちで関係なりました。
セフレがいることなのか、それとも彼に奥さんがいるからなのか、綺麗な私を見てほしい、彼にも気持ちよくなってもらいたいなんて思うこともあり、自分磨きや女として綺麗に見せる努力をしたり、気持ちよくセックスするにはどうな感じなセックスが良いのかなど、努力をするようになりました。
周りからは偏見を持たれるような関係ですが、私はカラダを満たしてもらえたらそれでも良いと思えたからできた関係だったと思います。
カラダも満たされて女として綺麗になる努力を再び沸き立たせてくれた事に彼には感謝しています。
ただやっぱり、大変なのは避妊でした。
セフレという関係上、妊娠はしてはいけないと思っていたので、コンドームを使ったりは当たり前でしたが、ピルを飲んでいたり、ピルを飲む前はゴムが破けて、緊急ピルを出してもらいに行ったりもしました。
お互いの普段の生活を壊さないように、けどお互いに都合のいい関係でセックスができるように、避妊や普段の生活に入って行かないようにしていました。
普通の男女ならそんなことを気にしないでもいいのでしょうが、やっぱりそこがセフレとの違い、しかも不倫状態であるなら崩さないように楽しむことを優先していました。
正直、ピルの副作用は辛かったし、セックスした後に帰っていく彼を見て切なく感じることもありました。
けど、今ではいい思い出、人生の中の経験だった思っています。

-セフレ体験談, 女性の出会い系体験談, 女性不倫体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.