女性の出会い系体験談 女性不倫体験談

一本の電話から始まった私の内面の変化~「出会い系」を使って感じたこと

投稿日:

今春、一人息子も高校を卒業し、第一志望の大学に晴れて合格でき、一人暮らしを始めるために家を出ていきました。あわせて、会社員の夫もおかげさまで昇進することができ、充実した日々を送っているようです。
妻として母として、夫と子どもを陰に陽に支えてきた私は、人生の一区切りを迎えた気分でいました。いや、そんな大げさな言い方でなくても、肩の荷が降りてほっとしたというか、少し気持ちを休めたいという気持ちになっていました。

そんなある日の昼下がり。我が家に一本の電話が掛かってきました。「もしもし」。私が受話器を取ると、電話の向こうから、何やらボソボソと声が聞こえます。「もしもし、もしもし。少し電話が遠いようですが」。私がそう言っても、ボソボソ声は変わりません。「もしもし」。私は仕方なく電話を切りました。
しばらくして再び電話が鳴りました。「もしもし」。私が出ると、今度は何とか相手の声が聴きとれました。「あの……××さんですか」
若い男の人の声のようです。「はい、そうですが」。私が答えると相手は、「あの……おばさんに言っておきたいことがあって……」と言います。声の感じからして息子と同年代の子でしょうか。「おばさん」と私のことを呼んでいることから、息子の友達でしょうか。
「どちらさんですか」。私が訊き返すと、相手は「それは……ごめんなさい」と。
「それで、どういうご用件ですか」「え、あの……」。なんだか煮え切りません。「はっきり言ってくださいな」。私がうながすと、相手は「えっと、あの……」と繰り返すばかり。
「こちらも忙しいので、このへんでいいですか」。そう言って私が電話を切ろうとすると、相手は慌てた様子で、「ごめんなさい……あの、実は……」と続けました。「僕、おばさんの声が聴きたくて……」。私は一瞬、耳を疑いました。相手は若い子のようです。私を「おばさん」と言っているからには、私のことを知っていて、私が相応の年齢であることも知っているはずです。
「私の声? どうして? どういう意味ですか?」。私が訊き返すと、相手は「はい。実は、前からおばさんのことが好きで……」と。「好き? だって私、こんな年だし。若くないのよ。どうして?」「あの……僕、若い子はダメで、おばさんみたいな熟女の人に魅力を感じて……特に、おばさん、すごく素敵です。綺麗です」
私は顔が熱くなっていくのを感じました。いずれにしても突然のことで私は、内心うろたえていて、「ごめんなさい、そういう話なら、ごめんね。今、忙しいから」、そう言って電話を切ってしまいました。

電話を掛けてきたのは誰だろう。私は動転した気持ちを静め、整えながら考えました。声の感じからして息子と同年代。友達だろうか。私のことを知っているというと、うちに遊びに来たことがある息子の友達だろうか。私は、わが家にやって来たことのある子たちの顔を思い浮かべていました。しかし、まったく見当がつきません。
自分でも単純だと思いました。「綺麗だ」「素敵だ」と、夫からも言われないような言葉を顔の見えない若い男性に言われて、私は内心、舞い上がってしまったのかもしれません。そんな、潤いの感情はしばらく味わったことがなかったのですから。
外出するとき、化粧や洋服にも今まで以上に気を遣うようになりました。久しぶりに会った友人からも、「表情が明るくなった」とか「若返った」などと言われました。そう言われれば言われるほど、自分が本当に若返り、綺麗になっていくような気持ちになりました。

私の心の中に沈殿していた、”男性から称賛されたい””綺麗だと言われたい”という欲求が、湧いて出てきた気がしました。
そんな折、インターネットを眺めていたときに、たまたま目に入った広告。「出会い系サイト」の広告でした。「出会い系」の存在自体は知っていましたが、どのようなものかは知らず、知ろうという興味もありませんでした。
その時、その広告をクリックすると、そのサイトにつながりました。
そこには、出会いを求める男性と女性のメッセージがあふれていました。驚いたのは、若い人もいれば、私ぐらいの中年層の人もいたということ。そしてさらに、若い男性の中には、同世代の女性ではなく、私ぐらいの年代の女性を求める人も少なくないという事実を目の当たりにしました。
「彼女にふられて落ちてへこんでいます。だれか癒してください」というメッセージが目に留まりました。22歳の大学生の男の子のようでした。息子とそんなに変わらない年代の子ということで、他人事のように思えず、その彼に私なりの励ましのメールを送ってあげたのです。
すぐに返事が返ってきました。「癒されました。なんか、また頑張れそうです」
その彼、トシノリ君とメールの交換が始まりました。彼は大学3年生で学校の先生になるために勉強しているとか、幼いころにお母様が家を出て行ってお父さんと祖父母さんと暮らして来たこととかを彼は教えてくれました。
私はそんな境遇にありながら、懸命に頑張っているトシノリ君のことが愛おしくなりました。
しばらくメールでのやりとりを続けた後、トシノリ君と会う日がやってきました。「お茶しませんか」と誘ってきたのは彼の方でした。
待ち合わせのカフェで会ったとき、想像したとおりの今風の大学生だと思いました。しかし、彼の感想は……。会ったその夜、熱いメールが送られてきて。「想像していたより、綺麗で、素敵で。すごい魅力を感じました」と。
少し前にかかってきたあの電話を受けたときと同じような衝撃を受けました。
その後、トシノリ君の熱い思いに引っ張られるように、私もメールでのやりとりの中で、自分自身をさらけ出し、ある夜、夫が出張で不在のとき、彼と電話で話した際、彼の熱く甘いささやきに、私は歓喜の声をあげてしまったのでした。
彼と結ばれるまでに、それから時間はかかりませんでした。
彼が一人暮らしをするアパートで、私たちは、昼間から愛し合うようになりました。息子ほども若い彼に抱かれて、これほどまでに体の相性が合う人がいたのか、これほどまでにセックスは気持ちよいものなのかということを、今更ながら思いしらされたのでした。
今もトシノリ君との関係は続いています。友人や周囲の人々からは、さらに「綺麗になった」と言われるようになりました。自分でも、外面だけでなく、内面が変わったと思っています。日々、新たに自分自身をみずみずしく磨いて行こうという気持ちになれるのですから。
それが、「トシノリ君のために」と思っている自分で本当にいいのかどうか、迷いながらではありますけど。

スポンサード リンク

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

マジで見ておけハメ撮り体験談

1

みなさん、ロリロリな女の子は好きですか? 自分は実はロリっ子よりは綺麗なお姉さん系が好みだったんですけど、 今回久しぶりにロリっ子とエッチしてきたら、なんかこれからはロリっ子にはまってしまいそうですw ...

2

出会い系体験談ブログ管理人のよっちゃんです!! 夏は女の子もセックスをしたくなる時期です!! 今回も出会い系サイトで保育士と出会ってきましたが、めっちゃエロくてセックスはヤバかったですwww &nbs ...

3

よっちゃん チビ童貞だったよっちゃんです!!   久しぶりのブログ更新になりますが、今まで主に読者の方のサポートをずっとしていて なかなか更新ができなかったのです!!   先日、出 ...

4

「男の憧れ「セックス」をしてみたい」 「一度すると病みつきになるセックスでもっと変態プレイがしたい」 「今の彼女は3Pセックス拒否だから3PセックスOKなセフレが欲しい」 「3Pセックスが一番興奮する ...

5

ハメ撮り動画を見たいか!!!!!!!!   巨乳美女とホテル直行コース!! 今回もまたまた直ホテルコースでした!!!!   出会い系サイトで相手を探しているとごく稀に遭遇する非常に ...

6

よっちゃん やっぱり女子大生とのセックスは最高ですわwwww女子大生相手に変態プレイをできるので、いつもセックスして変態プレイをしています!!   先日出会い系アプリ大手『PCMAX』を通じ ...

7

出会い系サイトをよく利用するんですけど いざ会ってみると 割り切ったお付き合いしたいのに真剣交際とか なかなかオフパコさせてくれない子とか多いんで 気持ちがすっきりしないことが多いんですよね。 &nb ...

8

よっちゃん どうもチビ童貞だったよっちゃんです!!人妻って出会い系アプリでは本当にねらい目の女性ですwwww   人妻は最高だと思っていますwwww だって割りきれるじゃないですか!! 面倒 ...

9

よっちゃん どうも、チビ童貞だったよっちゃんです。看護師とセックスしたことありますか!?看護師ってマジでエロくて最高のセフレになりますよ!!   今回は現役の看護師とセックスしてきましたよw ...

10

よっちゃん どうも、チビ童貞だったよっちゃんです。3Pセックスしたことありますか!?   今回は念願の3Pセックスをしてきましたよwwww   マジで3Pは最高です!!! さらに、 ...

-女性の出会い系体験談, 女性不倫体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.