セフレ体験談 女性の出会い系体験談 女性不倫体験談

ごく普通の主婦が出会いアプリPCMAXで不倫・浮気セックスをした体験談

投稿日:

私はごくごく平凡な容姿の39歳、ごくごく普通の主婦、趣味はハンドメイドで雑貨を作ることで、お小遣い稼ぎでネットを使って販売なんかもすることが最近の趣味になっていました。結婚したのは36歳と遅く夫も49歳でどちらも初めて利用したお見合いサイトで紹介されてそのまま結婚しました。
結婚すれば幸せになれると思っていたんですよね。
それまでの人生全く男性との縁がなく、周りが当たり前みたいに結婚していく中で全然縁もなく、このまま女の幸せを知らずに死にたくないと一年発起してのお見合いサイト、それでもなかなかご縁がないまま彼と知り合って、この人をのがしたらもう後がない気がして結婚しました。
が、無口であまり面白みのない彼との生活にすで疲れてしまいました。
真面目で性欲も薄く、夫婦生活もそんなに激しいものではなく淡白で、義務的なもの、それでも子どもができればよかったんですが、今だに授かることもなく、趣味のハンドメイドに没頭する日々にむなしさを感じてふっと出会い系アプリに手を出してしまったんです。
もちろん、そういうアプリに手を出したこと自体にも罪悪感はありました。
が、人妻というだけで私はなぜかアプリの中ではモテモテだったんです。
これまでの人生で経験したことのない複数の男性からのアプローチに私は毎日アプリを覗くのが楽しくてしょうがなくなりました。
その中に一人だけなぜかすごく波長の合う人がいて、こういう人ともし結婚する前に出会っていたら私は今妥協して結婚していなかっただろうとまで考えるくらい毎日メールし合う人ができたんです。

使用したアプリはPCMAXという幅広い年齢層に定評のあるアプリで、彼は彼女を募集しているけど、私にも興味があってプロフィールを見て一目ぼれしてしまったこと、人妻だけどご飯くらい一緒に食べても良いでしょうかと言う感じで、遠慮がちに誘いをかけてくれたんです。
私自身が恋愛に慣れていないため、そういう控えめな口説き方にも惹かれました。
年齢36歳、柔道整復師と言う仕事をしている人でした。
お互いに毎日何かしら送り合って、会いたいという気持ちを高めていくこと1週間、ついに彼から個人的にLINEをしたいと申し出があり、私がIDを知らせました。
そこからは夫に隠れて彼とのやりとりを楽しむ毎日でした。

具体的に会いたいと日程を合わせたのは2週間後、もう私は完全に彼を好きになっていたんです。
会ってから大人の関係になるのに時間はかかりませんでした。
恋をしたことのない私にとって彼が正真正銘の初恋の人、抱かれるということがこんなにいとおしい気持ちを作り出すのかと感動するほどのセックスでした。
彼の方も思っていた通りの人だと私のことを褒めてくれて、本来いけないことをしているのは重々理解しているけどこれからも時々会ってほしいと抱きしめられると、断る理由が全く見つかりませんでした。
私がダメなんです。
幸せって、幸せだって思わないときが一番幸せなんだとよくいいますよね。
夫は働き者だし、私のことを大事にはしてくれています。
ただ私が思い描いていた結婚生活じゃない、子どもができないのだって別にどちらが悪いとかそういうことでもないのに、自分の年齢的なこともあって焦って夫の性にしているだけなんです。
なのに、魔が差したかのように出会い系アプリなんか使ってちょっと調子に乗ってしまい、本気で不倫なんてしてしまいました。
正直、彼との関係を終わらせたくはありません。
あの時私がアプリを使わなかったら、もし、彼が私を見つけなかったら、私はきっと沢山の男性とのやりとりを一時的には楽しいと思ったとしてもそのまま会ったり個人的な感情を挟むことなどなかったと思います。
だって、他のメールをくれた人たちには当たり障りないやり取りのみでかわしており、会いたいと微塵も思わなかったんです。

こんな時期に彼との出会いをしてしまったことをすごく恨めしく思います。
彼は仕事の関係上、昼間に数時間、空き時間ができるんです。
その時間を私のために使ってくれ、わざわざ車で出てきてくれます。
しばしのドライブの後でホテルを利用し、別れを惜しんで夕方までに帰宅するのが私たちの会い方です。
彼との時間は薄暗いラブホテルの一室のみでしか共有できないからか、現実の世界ではないような独特の空気感があります。
お互いに不倫をしているという罪悪感がある中で抱き合っているせいもあるのでしょうか。
彼は、絶対にばれないように、もし夫と私の間に子どもができたら俺はいつでも身を引く覚悟があると言ってくれており、避妊は確実にしてくれています。
簡単にいえば、彼は私が夫にも抱かれていることすら黙認しているんです。
すごく切ない話ではありますよね。
そういう彼の健気さも私の心をとらえて離さない一因でもあります。
彼だって年齢的にも結婚したいとか子どもが欲しいとかそういう欲望はあると思うんですが、私と出会ってしまったことでそういうのを押し殺してすべてを私中心に考えてくれています。
私が子供を望んでいることも夫よりもよく理解してくれており、私は本音を言えば彼の子どもがほしいとさえ思えてきているんです。
でも、私は彼の本心がいまだにつかめず、そういう深入りするような言葉は絶対にいえません。
そんなことを口走ってもし彼が引いてしまい私の前からいなくなることを考えると苦しくなるほど愛しているからです。

関係が続くようになってからは夫の居るときには連絡をしないように細心の注意を払ってくれるため、以前よりもメールの回数が減っています。
前向きに考えて、会えた時にたくさんおしゃべりすることにしてはいますが、時間が限られた中での逢瀬なので、話したりません。
でも、あくまで私の生活を侵食するほどのことはできないと彼は言うんです。
彼が言うように、私たちの恋愛は日向には出ないもの、私の家庭を壊さない前提だとしておくほうが長続きできるんです。
不倫って切ないですよね。
夫は全く気付いていないし、私も絶対に悟らせないようにしないといけません。
おかしなことに、彼との関係を続けるために、夫との結婚生活は以前よりも大事なものになっています。

-セフレ体験談, 女性の出会い系体験談, 女性不倫体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.