女性の出会い系体験談 女性不倫体験談

【人妻不倫体験談】出会い系アプリで知り合った男性とピュアな不倫をした体験談

投稿日:

結婚して1年も経たずして夫がリストラにあいました。
私も夫もまだ29歳、私は結婚して仕事を辞め、子どもを作ろうとしていた矢先でした。
夫は割と自信家で、自分がこの先会社を背負っていくんだとばかりに思っていたので、今回のことにかなりのショックを受け、うつ状態に陥りました。
私は夫を支えようとは努力しましたが、仕事を探そうともせず、毎日家でだらだらとゲームをしたり、時には起きても来ない状態をみて、どんどん気持ちが冷めてしまうことを抑えられなくなっていったんです。
もともとすごく自信家だったことろが好きだったし、頼りになる人と結婚したいと思っていたので、収入もないのに仕事をしないこと、だらだらすることなどかなり不満で、家に二人でいても喧嘩ばかりだし、私も家計を支えるために仕事に出たんです。
本当は働きたくなかったし、子どものことももう考えられない状態、思い描いていた結婚生活とかけ離れすぎていました。

職場は女性ばかりのコールセンター、何かと嫉妬や探り合いが多くてものすごくストレスでしたし、仕事もむつかしいわりに派遣なので、時給も低く、帰宅時に電車に乗るとどっと疲れていました。
いつも帰宅するまでの電車で憧れのインテリアブログを見て、将来こういう家に住みたいなとか、こういう雑貨を買いたいなどと妄想する時間がすっごく楽しかったんです。
そのブログを見ているときに、バナーで上がってくるのが、出会い系サイトの広告で、毎回なんとなく気にはなるものの、スルーしていたんですが、ある日、間違えてタップしてしまって中を覗いてしまい、あれ?ちょっと楽しそう、と思ったのが出会系サイトのハッピーメールとの出会いでした。

職業、年齢様々な男女が数秒ごとにマッチングされているという感じで、ここにならあなたの運命の人が!!みたいなキャッチフレーズと、そこそこお金持ちだったりかっこいい人まで登録しているのを知り、私もこういうところで楽しく出会いがあっていろいろと男性を見てから結婚してもおそくなかったんじゃないかとさえ思えてきました。

私も夫もできれば30までに結婚したいもの同士の中のあぶれもの同士で結婚した感じでした。
友達の友達、顔は知っていたけどあまり話さなかった者どうしで、たまたま飲み会で数回会って、周りから冷やかされて交際した感じ、付き合ってみたら結構頼りがいがあるし、俺についてこいタイプだったことでそのままぎりぎり20代での結婚ができたんです。

出会い系サイトには普通に経営者なんて人もたくさんいて、年収とかも載せていて顔出しもばっちり、フェイスブック教えてくれる人とかもいて、ついつい数人の男性と交流を持ってしまいました。
といっても、電車の中や休憩時間に暇つぶしで会話できる人、現実逃避してたまには何も知らない人とわいわい楽しくおしゃべりしたかったんです。
もちろん私は人妻なので、それ以上の関係になることなんて考えてもいなかったんです。

出会い系サイトをきっかけに友達ができたくらいの気持ちでした。
でも男性ってそういうだけではやっぱり済まないんですよね。
比較的家が近い人と交流を持っていたんで、時間見つけて会おうよとか、近くまでいくよとか結構誘われました。
その中で、そういう軽い誘いがなかったのが、今の不倫相手になってしまった彼だったんです。
他の人はいわゆるリア充をアピールしたい感じの人で、フェイスブックにも色々楽しそうなことをあげていましたが、彼はマイペースな人で、会話はとても楽しんだけどどこかつかみどころのない人、不思議な魅力のある人でした。
彼は36歳、一人で会社をしていて、趣味でいろんなことに挑戦している自由人でした。
私は今の生活に少々お疲れ気味だったので、彼の自由さに惹かれ、一緒にいきたいな、とか、それやってみたい!などと自分から誘う感じのことを言ってしまっていました。
彼はそれでも、機会があれば、とかこれは結構初心者にはむつかしいよとか、さらっとかわしつつも邪険にはしない大人の対応をしてくれていて、SNSでの交流は彼が一番楽しくて約半年くらいは会わずにやりとりをしていたんです。

その間夫といったら、時々仕事をやる気になっては俺のするような仕事じゃないとかなんとか難癖をつけて辞めてくる、を繰り返していて、私としては幻滅に近い感じでした。
彼との楽しいやりとりにもつい愚痴が混じってしまうようになる、どこか遠いところでやり直したいというようなことを言っていたり、自分でもちょっと精神的に不安定になってきていたんです。
正直、ひものような夫のために稼ぐにしては私の収入など本当に赤字でした。
家賃も払うのがぎりぎり、夫は家事をほとんどしない、時々喧嘩になるとハッと気づくのか、甘えてきたり言い訳してみたり、、、。
そういう不安定な時に彼が初めて私を誘ってくれたんです。
釣りに行こうって。
釣りはいいよ、心が空っぽになれるっていうので、海を見ながらボーっとしたら何かが変わるかなとかいろいろ考えてしまい、初めて夫に嘘をついて出かけることにしたんです。
彼は思っていた通りの無口で武骨な感じでしたが、何も話さなくても頼っていいんだという雰囲気が好きです。
出会い系サイトを使って自分と同じ趣味や感覚の合う人を見つけようとしたけど、なかなか見つからずにもうやめようと思っていた時に私が登録をしていて、この子は、、と思ったけど、結婚しているし、、とかなり迷いがあったそうです。
でも、私のコメントから危うさを感じ取って、誘わないとと思ってくれたって。
なんか運命的なものを感じてしまいました。
彼とはその日、ただ海でボーっとしただけですが、すっごくたくさんのパワーを充電できました。
それからも時々彼が自分のしたいことに誘ってくれて、私は仕事だと言っては夫に嘘をついて抜け出しています。
まだ、彼とはプラトニックな関係なんですよ。
手をつなぐだけでもいとおしさが溢れてくるんです。
それ以上になりたいけど、これだけでも十分、みたいな、こういう人と結婚しないと幸せにはなれないんだと思いました。

私はもう彼に心を完全に奪われてしまっているので、いつそういう関係になってもいいと思っているんですが、彼は真面目で、まだ人妻である私との関係に踏ん切りがつかず、という感じで、そういうところも素敵だと思って切ないけどこの関係を壊したくなくて、今は夫との離婚に向けて動き出しているところです。
離婚したら彼のところにすぐにでも行きたいけど、不倫しているというのはとても不利なので、隠し通したままで夫の状態を理由に離婚する方向で相談をし始めました。

私は当初ちゃんと夫を支えるつもりでした。嫌な会社にもずっと在籍して我ながら頑張っていると思います。
夫は相変わらずなので、十分離婚案件だと思います。
出会い系サイトの出会いにしてはあまりに硬派でピュアすぎて、ただただ運命の出会いが遅すぎただけとしか言いようがないです。
こういう出会い方でも全然ありだし、私なんで30までに結婚とか変な目標持っていたんだろう。
彼となら、別に経営者じゃなくてもずっといい関係で居られそう、はじめて出会い系サイトを見ていたころは、経営者とかそういう面でも正直見ていました。
お金の大切さ、安定した職業、そういうことよりも、運命の出会いさえすればなんでも乗り越えられるような気にさえなっています。

-女性の出会い系体験談, 女性不倫体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.