女性の出会い系体験談 女性不倫体験談

【人妻不倫セックス】程よい距離感の不倫相手をマッチングアプリで見つけることができました

投稿日:

不倫をしたときに心がけていた事
・外では決して会わない、部屋の中だけ。
・自分のお金を不倫相手のために使わない…
・ラインでしかやり取りをしない。
・自分の情報を不倫相手に最低限しか伝えない。

年齢34歳、実家の手伝いをたまにしているだけの専業主婦です。
夫は8歳年上で両親同士が知り合いで、30過ぎても結婚しない私のことを心配して紹介してくれたような、まあお見合いみたいな結婚でした。
私が出会い系のマッチィングアプリを利用してまで不倫相手を作った理由は、夫との性の不一致とういう恥ずかしいのですが、そういうところが大きいと思っています。
もともとあまり性欲がない方だと思っていて、何人かと付き合ったりはしましたが、セックスの相性とかはピンとこないままで30代に突入、結婚するまでになんとなくセックスから遠ざかっていて、久しぶりに夫となる相手としたときに、前よりも性欲が増していることに気づいたんです。
だから、そういう相手が見つかったということも含めて、周りからの後押しもあり結婚に至りました。
が、セックスをしてもしても、なんとなく物足りない、なんというか、もやもやすることに気づいたんです。
ここで、初めて、自分が夫のセックスには満足できていないことを知ったんです。
夫はいい人だし、私のことを乱暴に扱うこともなくごくごくノーマルな人です。
そういうことではなく、私は夫の下半身のサイズが根本的な理由だということに気づいてしまい、セックスをすればするほど欲求不満が募ってくことがすごく不満でした。
が、ここで夫自身にどうしようもないことを訴えたって夫は困惑するだけだしこういうことをじっくりと話し合えるというような関係ではないのは、出会い方からしても理解してもらえると思います。
もんもんとした気持ちで私が行きついたのは、出会い系サイトで自分と体の関係だけを持ってくれる相手を捜し求めることでした。

出会い系のマッチィングアプリのPCMAXを選んだ理由は、大人の出会いに寛容というか、見ていて募集している男性のコメントが自分の性欲に自信があるというか、満足させられますという感じの人が多かったことと、不倫というよりもパパという感じのスタンスで募集している人をたまたまなのか複数見つけてしまったことからでした。
私が求めているのは、好きになって不倫にドハマりするというよりは、セックスの相手としてよりよいパートナーを探しているという感じ、そこに加えて私との関係にデートや旅行などを持ち込まない人でした。
つまり、プライベート全てをさらけ出すような関係は求めていなかったんです。

もし相性が悪ければすぐに終われるというのも魅力的でした。
だってアプリ内で電話もメールもできてしまうので、こちらの連絡先をもし伝えるにしても確実な契約が結べてからでいいということでした。
彼と実際にラインの交換をしたのは2回目の再会の時です。一度目はまだどうなるかわからない状態で一度体を重ねてみたんです。
それが、思いのほかしっくりくると感じたのはセックスの中盤あたり、そう、挿入してからでした。
合う、っていうのがはっきりとわかったんです。
でも私は夫以外とのセックスが久しぶりだったのでまだ半信半疑でした。
だから一度保留して自分の体に確認したかったんです。
一度めに会ってから再開するまでの間、私はやっぱり彼との交わりを思い出しては勝手に自慰をするくらい彼を求めていたんです。
だからもう一度再会したんです。
彼の方も私の要求を呑んでくれるタイプの人で、会う場所は駅前の某有名ホテル、会いたいと言えばそこを事前に予約してくれて、部屋で待ち合わせることを守ってくれています。
事がすめば後を引かずに部屋から出てくれるのも私にはとてもありがたいことでした。
こういう不倫なら誰にもばれずにできるだろうという自信が彼との関係なら持てたんです。
彼は37歳、教育関係の仕事をしていて、土曜日の昼間なら時間が作れるということなので、ラインで最低限の約束をして定期的に会っています。
彼の利用目的も相性のいい女性との出会いということ、そして彼も既婚者で妻とのセックスに不満があり、悶々とした日々を送ってきたようでした。
金銭的に余裕があるのか、私には一切ホテル代金を支払わせないところも好感が持てました。
彼との時間はすべて体の欲求を満たすことに使いたいくらい時間が濃密です。
夫は平日が休みなので土曜日の昼下がりに相性のいい男性とこういうことをできるという隠微な世界に私自身すごく酔っているようなところがあります。
30超えると女性は性欲が強くなると言われているけど、ほんとにそうで、今私の性欲はすべて彼のおかげでコントロールされてるようなものです。
夫とは子どもが欲しいと言われているので本来なら避妊している場合ではないのですが、私はまだ性欲におぼれていたい気持ちが強すぎて、申し訳ないのですが、ピルを飲んでいます。
不倫相手の彼も子どもは望んでいるので、奥さんとの夫婦生活は定期的に営んでいるようで、そういうことを聞くのも私の感覚を淫らに刺激してしてしまうほどに今はすごく性欲が強いんです。
これまでなんでもっとこういうことを重視しなかったのか、こういうマッチィングアプリを使えばこうやって普通に体の合う人が見つかったのに、どうして思いつきもしなかったのか、自分がすごくもったいない人生を歩んでいたように思えます。
不倫相手も同じようなことを言っていて、奥さんは愛しているけど、体は別なんだと思い知らされているとのこと。
そういうのがわかるようになった今、私は彼との関係を終わらせることができなくなっています。
でもルールとして私は夫のことを最低限しか話しておらず、お互いの正確な住所すら教え合ってはいません。
もしここですべての情報をさらけ出しあってしまったら、もしかしたらお互いの家族にまで影響してしまうと思っているからです。
その辺りの感覚も彼とは合うので、うまくやれているのかもしれません。

彼との距離感はほんとにベストで、不倫だけどあまりどろどろしないさっぱりと割り切った付き合いに慣れていると自負しています。

-女性の出会い系体験談, 女性不倫体験談

Copyright© 出会い系アプリ体験談ブログ【チビ童貞がセフレを作ります】 , 2018 All Rights Reserved.